自営業妻9年目にして思うこと【アフィリエイトと母から学ぶ現状打破】

自営業妻9年目にして思うこと【アフィリエイトと母から学ぶ現状打破】

私の、両親、そのまた両親全部自営業です。

 

両親は、水道関係、
母方は建設関係、
父方は農業。

 

それぞれ、
母も、2人の祖母も
それなりに自営業妻としてやってきました。

 

でも、まさか私まで自営業妻になるとは、
思ってもみませんでした。

 

だって、
子どものころから
会社員のお父さんを持つ友達を、
ずーっと憧れていましたから。

 

学生の頃、
社会人になってから、
お付き合いする人は、
会社員。

 

「あー私はサラリーマンの妻になるんだな」って

 

専業主婦になる夢、
土日には家族でお出かけする夢、
出張する夫を見送る妻の夢など、

 

あわーい夢を何度も見ました。

 

 

ところがです。

 

その方たちとお別れし、
次に付き合ったのは、現在の夫。

 

付き合い始めたとき、
夫はすでに自分で事業を始めていて、
「すごいなー」って思っていました。

 

でもなぜか、
この人と結婚したら、
自分も手伝うとか、そう意識がなかったのに、

 

 

結婚のために仕事を辞め、
一緒に生活していくと、
夫を手伝う以外の選択肢がないことに気が付いたんです。

 

私は、
結婚前は介護の仕事をしていたんですが、
天職だと思い、
一生やっていくんだって思っていました。

 

ところが、

 

実際は、
自営業妻になって、
夫を手伝い、

 

いまや、
夫を上回る仕事量をこなしています。

 

 

ここで、
話しは変わりますが、

 

母も初めは自営業妻として、
父の仕事の手伝いをしていました。

 

母の場合はそれこそ、
仕事に経理に家事育児。

 

父は、
仕事はするけど、
家事育児は全く手伝わなかったし、
嫁姑の間にも入ろうとしませんでした。

 

 

しかし、
ある日を境に、
母は、父の仕事を手伝うことを止めました。

 

パートタイマーとして、
外に働きに出たのです。

 

その「ある日」とは・・・

 

 

その日も、
いつものように
祖父母、両親、兄弟3人の7人で
ご飯を食べていました。

 

そして、
母と祖母が何やら話していました。

 

すると、
すっと母は席を立ち台所に行き、

 

次の瞬間、

 

ガシャン!!!

 

と、ガラスが割れたような大きな音が
家中に響き渡ったのです。

 

 

ご飯を止め、
急いで見に行くと、

 

大量の皿が割れ、
台所の床に散らかっていました。

 

そして、
その横で、肩を震わせ母が泣いていました。

 

 

母は、私たちが台所に来たのに気づき、
「危なかけん、近づかんほうがよかよ」
といいながら、
飛び散った皿の破片を
ゆっくり拾い集めていましたが、

 

私たち子供は何も言わず、
ご飯に戻りました。

 

その日は、
それで終わりました。

 

 

そして、
その出来事の後、
母は、外で仕事を見つけ、
パートタイマーとして働きに出ることになったのです。

 

 

その当時は、
私も子供だったから理解できなかったけど、

 

今になって考えると、
母には、
自営業妻としての家業の手伝い、
祖母との関係、父との関係など、
今の私以上に、
大きな重圧やストレスがあったんだと思います。

 

そして、
働きに出る以外に、
母が置かれている状況を変えることが
できなかったんだと思います。

 

 

その後、
父との冷戦、祖母と別居、祖父の介護など、
たくさんの荒波はあったんですが、

 

今はまだ働きながらも、
父と一緒に過ごしています。

 

 

話しを戻すと、

 

自営業妻として、
私にもストレスやどうにもできない状況があります。

 

サラリーマンの妻だったらって、
児童館で専業主婦のママさんと話したりするたび思っていました。

 

ただ、がまんして、旦那と喧嘩して、
開き直ってまた同じ毎日の繰り返し。

 

そのうち景気もよくなってきたし、
いつか、
従業員を雇って、
少しは子どもとの時間出来るかな、
いっぱい働いているし、お小遣いアップするかな
ってずっと思っていました。

 

かれこれ、
2009年くらいから、
自営業妻として悩んでいたはずなのに、
何にも改善されないままです。

 

でも、
今年になってアフィリエイトに出会って、
いろんな人のプロフィールを見たり、
考えを知るうちに、
こんな考えにたどり着いたのです。

 

 

現状をを打破するためには、
もしかしたら誰かが救ってくれる可能性もあるかも知れないけど、

 

やっぱり、
自分で動くしかないんだってこと。

 

確かに、
この8年間、
相談に乗ったり、気分転換してくれる友人もいたけれど、

 

だからって、
誰も強引にこの状況から引っ張り出してくれるわけでもないし、
新天地に連れて行ってくれるわけでもない。

 

つまり、
自分自身で行動したり、気持ちを変えないと、
現状って変わらないんですね。

 

気付くのがほんっとに遅すぎました・・・

 

 

おそらく、
あの時の母も、30代後半。
今の私と同じです。

 

これからは、
私も母と同じように、
自分で自分の現状を打破していかなきゃなって
思っています。

 

身を以て(?)このことを教えてくれた母に感謝ですね。

 

日曜の午後、
楽しみにしていた予定がキャンセルになったので、
ふと、自分のことについて考えてみました・・・

 

 

 

と、しみじみしたところ、

 

 

 

偶然母から電話が!!!

 

「イノシシの肉もらったけん、
冷凍で送るねー」

 

って。
「いや、食べきれないけど」とは言えず、完全に母のペースで話が進み、ガシャッ。

 

でも感謝感謝。

 

 

合わせて、プロフィールも読むと、
今日の内容がぐっと分かります。
 ↓  ↓  ↓
プロフィール

 

ご質問・ご感想は、
お気軽にメールをください^^

 

 

*1日1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります。よろしくお願いします*

アフィリエイト ブログランキングへ

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ
にほんブログ村

 

関連ページ

人気の大学いもレシピで子どもに喜んでもらう大作戦
矢橋帰帆島公園[おもしろ自転車は最高!]
男の人は「自分の身を持って危機に直面しないと動かない」と聞いたけど・・・
娘のおねしょ誰のせい?【朝から笑えたおねしょの原因】
ぎっくり腰で感じた「釣った魚にエサはあげない」瞬間
大家さんになって自由を手に入れたコンビニ店長の話
ドラマ「コウノドリ」の感想【毎週見たくなる理由】
NTTドコモのドコモ光のCMの曲が頭から離れない
ブリ大根は簡単にチャチャッとできるこのレシピで
「ドリカムワンダーランド」に行った友達のラインで元気回復
便座交換の腕が上がった話【技術があるって素晴らしい】
プリキュア映画、また3月にあるの?!【女の子の憧れは止まらない!】
『あさが来た』の主題歌で元気がでた朝【歌詞深いな〜】
「上の子がかわいくない症候群」とは?【おススメ対処法はこれ!】
高雄(台湾)子連れ旅行 その1【機材繰りでフライトキャンセル!返金は?】
高雄(台湾)子連れ旅行 その2【子どもも飽きずに楽しめるところ】
エアコンから風が出ない【クリーニングで解決!料金は?】
インフルエンザに感染した息子、イナビルで回復!【隔離生活1週間】
ミスドを楽天スーパーポイントで支払い感動【期間限定ポイント消化に】
「わたしを離さないで」の視聴率が低いって、なぜ?【感想を添えて】

 
トップページ プロフィール 初心者の方はこちらへ メルマガ登録 目次 お問い合わせ