自営業を手伝うべきか外で働くか悩むあなたへ【自営業妻として思うこと】

自営業を手伝うか外で働くか悩むあなたへ【自営業妻として思うこと】

あなたはどうして自営業の妻になりましたか。

 

 

自営業の妻と言っても、
自営業を手伝っている人、
専業主婦をしている人、
外に働きに行っている人、
さまざまです。

 

 

私の場合は、
専業主婦だったけど、
自営業を手伝ってる人に途中で変わりました。

 

 

 

 

ではここから、
なぜ私が自営業を手伝うことになったかお話します。

 

 

私の主人は、結婚する前から自営業をしていました。

 

結婚前の私は、
主人とは違う県(九州)に住んでいて、
主人の自営業の業種と全く違うことをしていました。

 

介護の仕事です。

 

 

そして、
その仕事を天職だって思っていたので、
定年になるまで続けるんだって決めていたんです。

 

 

 

 

ところが、
結婚する前に妊娠しました。

 

すると、
結婚ってことになったのは、よかったんですが、
主人と一緒に住むためには、
仕事を辞めて、主人が住んでいる違う県(関西)に
引っ越さなければならかったのです。

 

 

だからと言って、
違う県だし、主人が自営業を辞めて
私の元に来るわけにもいかなし。

 

ということで、
主人が自営業をしていた関西に引っ越してきました。

 

 

 

結婚当初、
私は妊娠していてつわりもひどかったし、
外に働きにいくなんて考えられませんでした。

 

 

だけど、
主人としては、
その時は自営業に私は関わらなくてよかったので、
外に働きに行っても良かったんです。

 

 

でも、
妊婦だとどこも雇ってくれないですよね。

 

 

 

ということで、
家の事をして、
時々自営業を気分転換程度に手伝っていました。

 

 

 

ところが、
なぜか私が嫁いで、
大きく3回に分けて事業の危機がきました。

 

 

もともと1人従業員がいたのですが、
3回目の危機が訪れた時、
従業員を雇っている資金的な余裕がなくなり、
解雇せざるを得なくなりました。

 

そして、その日から、
私も本格的に自営業を手伝う、
どころか、
がっつり仕事をするようになりました。

 

もうそんな危機の時には逃げられないですよね。

 

 

私も、状況が分かっていましたので、
外に働きに行くということは考えませんでした。

 

 

 

自営業を手伝うようになってから

 

本格的に自営業を手伝うようになって約4年半がたちました。

 

黒字に転換してきたこともありますが、
主人も穏やかになってきました。

 

 

しかし、
これまでの約4年、
主人と仕事のこと、お金のことで喧嘩してきました。

 

危機のあとは、
特にひどかったです。

 

 

一度大きな危機を経験しているので、
お金に関しては結構シビアです。

 

 

 

 

そして、
朝も昼も晩も一緒という状態。

 

仕事がうまくいってるときはいいけれど、
トラブルがあるとお互い気が立って、
子どももいるのに、
食事中険悪なムードになることもしばしば。

 

 

仕事も家庭も見境なく、
どこにも息抜きする場所もなく、
「じゃあ、働きに出る」と私が言うと、
「俺は自営業辞める」と言う始末。

 

 

もう嫌だ、逃げ出したいって思うこともよくありました。

 

 

 

しかし反面、
自営業でよかったなと思うこともあります。

 

それは、
子どもが病気になったとき、
すぐに迎えに行ったり、看病できる。

 

息子と娘がまだ赤ちゃんだった時は、
おんぶしながら仕事もできたし、
ずっと一緒に過ごすことができました。

 

 

他には、
主人と私の二人で仕事をしているので、
繁忙期には休めませんが、
暇なときは休暇を設定できるということです。

 

 

 

いずれも、
ご主人の人柄、業種や事業形態等にもよりますが、
自営業には良い面も悪い面もあります。

 

 

今現在、私の場合は、
辞めてやる!って思うことと、
けっこう楽しいって思うこと、
半々くらいでやっています。

 

 

自営業を手伝うか手伝わないか悩んでいるあなたへ

 

これまでの私の経験の事を踏まえて、
これからご主人の自営業を手伝うか手伝わないか、
働きに出るか悩んでいらっしゃる方がいれば、
こうお伝えしたいです。

 

 

一度自営業を手伝ったら、
そこから抜け出すのは難しいです。

 

自営業の妻だったら、
事業がうまくいくようにがんばりますよね。

 

しかも、
うちの話ですが、主人にとっては、
従業員より良いこともきついことも何でも言えるし、
そして事業が倒れないように何でもやってくれる妻の方が、
楽なんです。

 

 

そして、
自分が逃げやすいんです。

 

私も何度も主人に対して、
「今逃げたな」
って思うことがありました。

 

その最たるが
税務調査でした。
私は1人で税務調査に立ち向かいました。
(このお話はまた別の機会で)

 

 

 

私の場合は、
結婚当初から外で働く機会を逃していましたが、
もし、現在仕事を持っていて、自営業を手伝いたくない、
または、仕事を持っていなくても、自営業を手伝いたくない
という人は、
初めにしっかり話し合うことです。

 

 

ただ、
手伝いたくないと言うだけではなく、
あなたがどうして外で仕事がしたいのか、
お金はどのくらい負担しあうのか、
どんな生活になるのかなど、

 

あなたが外に働きに行った場合の生活を道筋を立てて示しましょう。

 

 

初めが肝心ですよ。

 

 

後になって、
あの時、外に出て働いておけば良かったってならないように、
納得するまで話し合うことをお勧めします。

 

 

 

あ、でも、
私の母の場合は、
「自営業を手伝う妻」から「外に働きに出る人」なりましたよ。
ただ、一筋縄にはいってません。
こちらの記事で書いています。
 ↓ ↓ ↓
自営業妻9年目にして思うこと【アフィリエイトと母から学ぶ現状打破】

 

ご質問・ご感想は、
お気軽にメールをください^^

 

 

*1日1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります。よろしくお願いします*

アフィリエイト ブログランキングへ

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ
にほんブログ村

 


 
トップページ プロフィール 初心者の方はこちらへ メルマガ登録 目次 お問い合わせ